プロフィール

うめ

Author:うめ



最近の傾向
とても忙しいですが、なるべく生存確認程度に書き込みます。

マイソロ3が出るまでになりきりをクリアしたいです。





写メで送ったものとかテレビを見た感想とか反射神経でいろいろ書きとめています。


pixivアカウントをお持ちの方は、pixivのページを見ていただいたらいかに私が雑食かがお分かりになるかと思います。



pixiv.gif

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 僕らがここにいたことだけどうか覚えていてほしいよ

マキバオーを最終巻まで読みました。



高速バスの中で、号泣してしまった(笑
席が一番後ろでよかったです。9巻は珍しく泣かなかったけど、10巻はやばかった。ベアナックルがこんなにも心強くなるなんて…w

最後のエルサレムとの戦いは悲しすぎる…たれ蔵…。
命を賭けて挑んでも勝てないなんて…。ここではエルサレムに勝ってほしかったなぁ。
死に際の騎士のグングニルは貫けなかったとか…。
たれ蔵が命を賭けたレースは最後の最後でたれ蔵が倒れて失格になるし、そのときに両前脚骨折で、馬にとっちゃもう死んだも同然になってしまって…。

レース後、安楽死が検討されたときは本当に涙で字が読めませんでした。
昌虎「わかってんならあきらめろ!!今、マキバオーは死ぬ以上の苦しみを味わってんだ!!!」
源次郎「わかってねえのは虎にいだよ…。
借金で首の回んなくなったわしを…管理馬のいなくなった虎にいの厩舎を…馬に乗れなくなった管助を…
救ってくれたのは…誰だと思ってんだよ!
わしらは一生をかけてでもこいつの面倒を見なきゃならねえんだよ!!!」


こんな大事な大事なシーンなのに、源次郎のおっちゃんはズボンはいてないんですよ…パンツはいて(ry
だけどそんなことどうでもよくなるくらい悲しかった…。
そういえば、物語の最初は源次郎がたれ蔵を捨てようしてたなぁ。
でも物語終盤では最後まであきらめなかったのも源次郎だったな。
たれ蔵を安楽死だなんて、そんなの嫌でした。彼は走ることによっていろんな人を救い続けていたんですね。
たれ蔵は知らず知らずみんなの支えになっていたことを源次郎が思い出させてくれました。
そんなたれ蔵を見捨てようとした人たちに源次郎が言ったことには目頭が熱くなりました…。
てか今もその場面を見ながら書いているから、号泣してます。
もう自分ダメすぎる…。


この漫画は名作すぎます。みんな読め。つべこべ言わず読め。
最近のジャンプには無い熱さがこの中にはあるよ。
やっぱり少年漫画は、勝利・友情・努力という三本柱マンですね(何てラッキーマン



続編のたいようのマキバオー買っちゃったw
こっちも泣きます。文太にはたれ蔵みたいなすごい馬になって、彼の無念を晴らしてほしいですね。
てか、こっちにも虎にいでねーかな(笑
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。