プロフィール

うめ

Author:うめ



最近の傾向
とても忙しいですが、なるべく生存確認程度に書き込みます。

マイソロ3が出るまでになりきりをクリアしたいです。





写メで送ったものとかテレビを見た感想とか反射神経でいろいろ書きとめています。


pixivアカウントをお持ちの方は、pixivのページを見ていただいたらいかに私が雑食かがお分かりになるかと思います。



pixiv.gif

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ビーバップハイヒール

今日でビーバップハイヒールを見れるのも最後です。
東京ではやってないよね…。面白いのにやればいいのに!
昨日はジャイケルマクソンを見ました。これも向こうでは見れない…。



話は変わり。

神戸でネットが使えるのも今日が最後。明日の夕方にはモデムを引き取りにプロバイダの人が来ます。

だから……

ここからつまらない話だよ!

ヴェスペリアをプレイ中本当におきた出来事
その1『結局意味ない』
第2部入ってすぐのヘリオードでの話。

カロル「問題は誰が昇降機前の兵士をどこかに誘い出すかだね。」
ユーリ「この中でできそうな奴は……」
全員「……。」
ユーリ「よし!このままじゃラチがあかねーから、久しぶりにあの方法で決めるぞ。」
エステル「あの方法…って?」
ユーリ「ほら昔よくやっただろ?どーれーにーしーよーうーかーなー的なやつ。」
カロル「でもユーリ…それって意味無いんじゃ」
ユーリ「じゃあ始めるぞー。だーれーにー」
カロル「ちょ!待ってユーリ!!なんで
エステル
ジュディス
カロル

の3人だけなの!!てか、なんでボクが入ってユーリが入ってないの!!!?」

ユーリ「いやー、そればっかりは俺もどうにもならんかったわ。まぁ、男なら覚悟を決めなきゃいけないときがあるんだよ。それは今じゃねーのか?カロル!」
カロル「間違ってる。絶対それっていまじゃないからね。」
エステル「あ、あの…街の人たちにも見られていますし…そろそろ決めません?」
ジュディス「そうなったときはそうなったときよ。カロル。」
ユーリ「じゃあー行くぞー!だーれーにーしーよーうーかーなー。てーんーのーかーみーさーまーのーいーうーとーおーりー……。」

結果
エステル
ジュディス
カロル ←

ユーリ「そんじゃ、言いだしっぺのカロル先生がやるってことで。」
カロル「絶対そうなると思った…。順番的に絶対そうなると思った…。」
エステル「……もしかしてジュディスは順番的に絶対選ばれないと思ってましたね?」
ジュディス「もちろんよ♪さぁカロル、早速準備しに行かなきゃ。」
エステル(ユーリが私から選んでくれてよかった…。でももしユーリも入れてやってたら…ユーリが選ばれていたら…無理です……色々…。)


そしてカロル先生はボク女の子へ。
本気で迷って、久しぶりにあの決め方で決めようということで、そのやり方でやったらカロル先生になった。
でも言いだしっぺがやるのが本当に一番だと思う。
ユーリがという件は、プレイ前にpixivでそんな感じな絵を見かけローラ・ローラか!!と思ったけど、そんなことは無かったのでほっとしたという話です。
うん…。ロランなら許せるけどユーリは無理だろ。鳥海さんだし。



その2『かわいそうなおっさん』
第2部でコゴール砂漠ぐらいでの戦闘中。

ユーリ「おっさんがやべえ!エステル、回復だ!!」
エステル「わかりました!でもユーリも危ないです、ファーストエイド!」
ユーリ「いや…俺はまだ大丈夫だから、おっさんを…」
エステル「はい!あ、敵が!スターストローク!」
ユーリ「………。」
レイヴン「おっさんもうダメかも……。」←結局回復してもらえなかった。そしてガチで死にそう。
ユーリ@操作している人「おっさん…。そこまで体張って笑い取りにいかんでええから!もう悲しすぎるから!!」つアップルグミ
レイヴン「せいね~ん!ありがとう~マジで助かった~…。」
ユーリ(これからはおっさんをもうちょっと優しく扱おう…。)


この後、若者達によるおっさんへもう少し優しく接しようの会が開かれたようなそうでないような。
なんかおっさんがクラスでいじめられている人みたいだwww
いじめ反対!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。